あまくみたら怖い!日焼けは火傷!?

日焼けは注意です!

当たり前だけど、日に焼けるから「日焼け」というんですよね。

 

最近はオゾン層の問題で、地上に届く紫外線が多くなっています。足に日焼け止めを塗らないで、日傘をさして立っていると、足がジリジリと焼ける感じがすることがありませんか?
又、日差しが強い時に海や屋外スポーツですると、肌が真っ赤になったりして痛くて眠れないと言った話も聞いたことがあるのではないかなと思います。

 

これは一度に浴びる紫外線の量が多すぎた結果、肌が炎症して起こることです。

 

ちなみに、肌の表面を赤くしたり炎症を起こすのは紫外線B波です。
紫外線B波によって炎症を起こした表皮は、肌を守ろうとさらに強い角質層を作ろうとします。このぶ厚くなった角質層は保湿力を失わさせ、肌は乾燥しやすくゴワゴワとした感じになります。

 

水分が少なくなったは乾いた地面のようなものです。表面にどんどん小さいシワができ、それが大きな歪に、皮膚で言うなら深いシワになっていってしまうのです。これを光老化ともいいます。

 

日焼けは軽い火傷??

さらに、恐ろしいのは紫外線B波は皮膚がんの原因になるとも言われていることです。
紫外線は殺菌作用があり、生活に必要な面もとても多いのですが、逆に多すぎる紫外線は人間にも影響をもたらしてくるのです。

 

集中して紫外線を浴びると軽いやけどのようになってしまうというのをちゃんと考えるととっても怖いことなんですよ。

 

 

また、私たちが日常浴びる紫外線は上からだけではありません。水面や路面など意外な場所からの照り返しでも、かなり多くの紫外線を私たちは無意識に浴びているのです。

 

日焼け止め 人気ランキングもチェク!

 

反射率
新雪 80%
砂浜 10〜25%
アスファルト 10%
水面 10〜20%
草地・土 10%以下

 

 

 

日焼けは怖いね。2013年最新日焼けに関するニュースと言えばPA+++

 

日焼けについては、紫外線対策 シミの原因などはこちらが参考になります。
デコboxs





日焼けは軽い火傷??