紫外線対策について考える

きちんとした知識を持って紫外線対策しましょう

曇りの日や屋内に居ても届く紫外線、実際どれくらい届くの??

全く雲が無い日に100の紫外線を浴びるとすると、薄い雲がある時で50-80、厚い雲がある時でも20-30は地上に紫外線が降り注いでいます

 

つまり、分厚い雨雲があって、雨が降ってても、雨と一緒に紫外線も降ってくるんですね。
あと、屋内にも窓ガラスを通り抜けて50%の紫外線が入ってくると言います。窓ガラスにUVカット剤を塗るなど屋内に居ても日焼け対策は必要です。

日陰に居れば日焼けはしない?

答えはNoです。紫外線には直接地表に届く「直射光」と空中で四方八方に飛び散る「散乱光」があります。

 

日陰に居れば直射光は避けられますが、地面やアスファルト、また水面などから跳ね返ってくる散乱光は避けることができません。

 

日陰に居てもUV対策はしっかりしたほうがいいですね。

サングラスはUVカットじゃなくても色が黒ければ大丈夫?

もっとも陥りやすい間違いがこれです。UV加工なんてと思うかもしれませんが、サングラスをすることで、視界が暗くなるので目の瞳孔が開きます。UVカットしていないサングラスでは、その開いた動向にダイレクトに紫外線が入ってくると思ってください。
UV加工されていないサングラスをするよりは、ツバのついた帽子をかぶる方がずっと紫外線対策になります。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤ってどうちがうの??

紫外線吸収剤は紫外線を吸収すると熱やエネルギーに変化させて放出することで、紫外線の皮膚への浸透を防ぐというもの。

 

これに対し紫外線散乱剤はその名の通り、物理的な仕組みで紫外線を反射・散乱させることにより紫外線の皮膚の浸透を防ぐというものです。散乱剤は吸収材より肌への負担が少ないので、肌の弱い人には散乱剤の方がお薦めです。

よく聞くSPF値とPA値って何?

SPF値は紫外線B波をどれくらいカット出来るかを表した数値で、サンバーン(皮膚を赤くする日焼け)を起こすまでの時間をどれだけ延ばせるかという指数を表し、最大値は50となっています。
対して、紫外線A波をどれだけカット出来るかを表した数値をPA値といい、これはサンタン(皮膚を黒くする日焼け)を起こすまでの時間をどれだけ延ばせるかという指数を表しています。

日焼け止めはなるべく外出の直前に塗った方がいい?

出かける直前よりも、出かける10分以上前に塗って肌になじませるほうが良いとされています





紫外線質問あれこれ