タイプによって分けられるシミ

日焼けによるシミそばかすには!

肌タイプ

 

老人性色素斑

別名:日光色素斑
日光に良く当たる部分に出来るシミで、円形の場合が多いでが大きさは様々です。

 

小さいものは、そばかすのように顔に沢山出来ます。

 

早い人では20代から徐々に出始め、40代では約6割の人に見られます。

 

脂漏性角化症

顔や胴体等に見られる黒褐色の腫瘍で、形状が扁平またはドーム状に隆起しているため、周囲との境界がはっきりしています。

 

老人性のいぼと呼ばれています。
一般的に良性ですが、皮膚がんの可能性もあるため、状態の変化に気付いた時は専門医の受診をお薦めします。

 

肝斑

30〜40歳代の女性に最も多くみられるシミで、女性ホルモンのバランスが乱れることで現れると
言われています。

 

頬骨のたたりにそって、モヤモヤと左右対称に出来るのが特徴です。

 

色は、茶色・灰色で点状でなく、全体にボワンと広がった感じのシミになります。

 

そばかす

体質が原因によるもので、遺伝的に出ることが多いです。
特徴としては、シミの一つ一つが丸でなく、三角や四角になっていて、鼻の周りに散らばったようにできます。

 

ストレスや過労などでホルモンバランスが乱れたり、肌の新陳代謝が良くないと出来やすくなります。

 

炎症性色素沈着

ニキビや日焼け、虫さされ、火傷、無駄毛処理傷などの炎症の痕が茶色くシミになったもの。

 

ターンオーバーにより排出されるので、時間がたてば消えることもありますが、火傷など炎症が大きかった場合は真皮に届いてしまい定着してしまうこともあります。

 

 

症状別の対応をしよう。人気のシミ取りクリームはこちらでもご紹介されてました。
シミをなくしてクリアな肌は人生を豊かにしてくれますね♪

 

SPF値

日焼け止めには、紫外線吸収剤や紫外線反射剤が含まれています。

紫外線吸収剤

紫外線を吸収し、エネルギーとして放出することで皮膚への紫外線の浸透を防ぐ。

紫外線反射剤

物理的な仕組みにより、紫外線を反射させ、紫外線の皮膚への浸透を防ぐ。

 

SPF値は紫外線に対する効果の時間を表し、この値が大きいほど効果時間が長くなります。

 

しかし、図で見れるように、瞬間的に保護できる紫外線量自体は、SPF30以上の日焼け止めではほぼ変わらないという臨床結果があります。

 

加えて、紫外線吸収剤は長時間紫外線を吸収するとその成分自体が過酸化物に変化し皮膚に刺激を与えて、シミを作り出してしまう可能性があります。

 

長時間、屋外で紫外線に当たる場合は、こまめに日焼け止めを塗り直して、皮膚への負担を軽減させながら紫外線を防御しましょう。

看護婦さん

 

 

日焼け止めは、SPFの高さよりも、こまめに塗り直すことが大切です。


 

体質型シミへの対策

 

ポイントポイントはターンオーバー

 

肌の説明

 

紫外線や遺伝や睡眠不足、精神的ストレス、過労やホルモンバランスの乱れが原因で起きるシミは、きちんと剥がし落とすことが大切です。
※ホルモンバランスを整えるにはこちらのサイトに記載があるようにプラセンタ注射もよいとされています。
赤ピン基底層
赤ピン有棘層(ゆうきょくそう)
赤ピン顆粒層(かりゅうそう)

 基底層から生まれた細胞は、要らない細胞を分解して形を変え、ここまでで約14日間かかります。
赤ピン角質層
角質層まで来た細胞は角質細胞となり、約14日間で垢となって剥がれおちていきます。

 

この細胞が生まれて、剥がれおちていくまでをターンオーバーといい、約28日周期で行われます。
このターンオーバーは午後10時〜午前2時が最も活発に行われます。そのため、この時間に十分睡眠を摂ってターンオーバーが正常に行われるようにしましょう。

 

また、細胞は紫外線に当たって傷めつけられると、早く治そうとターンオーバーの周期は早くなります。

 

周期が早くなりすぎると、正常な細胞が生まれず、本来なら垢として剥がれおちるはずのメラニンが表皮に残って(沈着)しまいます。このため、紫外線対策も大切です。

 

看護婦さん

 

 

正常なターンオーバーには午後10時から午前2時までしっかりとした睡眠を摂り、紫外線対策をきちんとすることが大切です。


 

デコboxs





タイプによって分けられるシミ